低温調理器|基本的な使い方やおいしく仕上げるコツを一挙公開!

カテゴリー:家電

低温調理器とは温度計・水位計などセンサー類とヒーター、サーキュレーターを搭載した調理器具の一種です。

調理する際の温度と加熱の時間を設定したのち、密封できるジップロックなどに食材を入れて浸しておくだけといったように、使い方は非常に簡単です。

設定した温度まで中の水を加熱して、温度計によってお湯の温度を計りながらヒーターの出力を調節しつつ温度を保つ仕組みになっています。

低温調理器に搭載されたサーキュレーターは、水温を一定に保つ上で役立ちます。

使い方が容易である上に、コンセントさえあればすぐに使用できて火も使わないため安全という理想的な家電製品です。

おいしく仕上げるコツとして、煮物および蒸し料理に適した食材を選ぶという点が挙げられます。

反対に水分を抜く必要がある食材は難度が高くなるため、まずは鶏肉やサーモンといった初心者に向く食材を選ぶのがおすすめです。

温度管理用に、もう1本温度計を用意しておくのも良いです。

食材を入れておく袋は、高密度ポリエチレンのものを選ぶと良いでしょう。

匂いのきつい食材は、低温調理の前にあらかじめ塩ゆでをして匂いを抜くとおいしく仕上がりやすいです。

スパイスやハーブなど、香りの強い食材と組み合わせて臭みを消すのも良い方法です。

人気記事

  1. 一人暮らしでお皿を収納する方法、食器棚がない場合とある場合のおすすめ商品
  2. サッと拭けてお手入れ簡単なキッチンマットの売れ筋TOP5《最新版》
  3. 【冷蔵庫】一人暮らしにオススメなスリム&大容量の人気商品を紹介!
  4. 【おすすめ5選】ナチュラル系の食器棚でキッチンをおしゃれに!
  5. カテゴリー:家具
PAGE TOP